海外在住の子ども達が求められる日本語力とは?

英語学習

移住・国際結婚、または会社の駐在などで海外に住む日本人はますます増えているようです。

そのような状況で生まれ育った子ども達は、学校で使う言葉と家の中で使う言葉が違うという状況に置かれることも考えられます。たとえば、学校では英語や中国語で、家では両親が日本人の場合は自然に日本語の環境になると考えられます。

私自身、子どもは海外で生まれたこともあり、将来の言葉の問題をどうとらえていけばいいかを考えていました。そこで色々なご家庭の様子や、それらに関する本を読んだりした中で、だいたい意見として多かったのが、子どもをバイリンガルに育てるにはでも取り上げましたが、将来弱くなりそうな言語の方を先に耳に触れさせていくということです。英語圏に住んでいて、子どもが成人するまでそこに住む予定であるならば、英語が強くなる言語、日本語が弱くなる言語と言えるのではないでしょうか。

日本語の学習においては小学校2年ぐらいまでは親の意見が通りやすいので、補習校などにも通う子もそれほど抵抗はないように見えます。2年生までは学習する漢字や内容もそれほど難しくないので、子どももそれほどプレッシャーにならずに進められるかもしれません。しかし、問題はここからで、3年生以上になってくると漢字や内容が難しくなってきます。世界にあるそれぞれの補習校では日本の教科書を使って日本のカリキュラムに沿って授業を組んでいるところがほとんどなので、その内容を1週間に1日の授業(ほとんどの補習校は土曜日に行っている)でカバーするのは難しいようです。授業が難しくなってきたころから補習校に通い続けるかどうかがご家庭内でも意見が分かれるところだと思います。

海外に住む子どもたちに身につけさせたい日本語レベルは?

では、海外に生活拠点を置く日本国籍を持った子ども達はどのくらいのレベルの日本語を持つべきなのでしょうか。

結論から言って、将来日本をベースに生きていくのか、海外をベースに生きていくのかにかかってくるのではないのでしょうか。

補習校を例に考えてみたいと思います。補習校に通ってくる子ども達の家庭環境には大まかに言って2つあります。ひとつは会社の駐在のご子息で、2〜3年もしたら日本に帰らなければならないご家庭。もうひとつは海外移住者のご家庭で、生活の基盤はずっと海外というご家庭です。この二つのタイプの環境にいる子ども達が同じクラスで勉強していたらどうなるでしょうか。

補習校の小学校高学年のクラスを想像してみましょう。Aさんは将来日本に帰って日本の勉強についていかなくてはいけない生徒で、Bさんは親のどちらかが外国人で日本語を話すのは親のどちらか一方の将来は英語圏で生きていくだろうという生徒。Aさんのご家庭は一生懸命漢字を覚えて、宿題も欠かさず行っていくことは当然になります。しかし、Bさんは家でも日本語に触れる時間がAさんに比べ少ないために、語彙力も弱くなり、漢字も難しくなることから書く練習などに時間を取られ、自分の時間がないなどと感じて日本語を勉強する必要性に疑問を持つことが考えられます。実際に、クラスの担任から「Bさんは授業中に英語で話すことが多くなってきているので、ご家庭でも注意してください」などと注意されることもあるようです。しかし、Bさんは日本語で言いたくてもどう言ったらいいかわからなくなってつい英語で話してしまうという感じだったようです。

これは補習校の言い分も正しく、Bさんの言い分も正しいわけです。中には「〜さんがクラスにいると授業が進まないから困る」といった意見が学校に寄せられることもあります。それはそれで正しいわけです。なぜなら、日本に帰らなければいけないご家庭とそうでないご家庭では必要性が全く異なることも考えられるわけです。

子どもが嫌がっても補習校は続ける?

こういったジレンマで、Bさんのような生徒は中学生を前に補習校をやめてしまうケースが多いように思います。いただいた相談の中でも「中学部を前に補習校をやめてしまっても大丈夫でしょうか」という相談が多いのも事実です。この答えはそのご家庭の状況によるので一概には言えないと思いますが、日本にすぐ帰らないご家庭であるならば、中学部前でやめても全く問題ないといっても良いと思います。将来行かせたい大学が日本の大学にするにしても、現地の学校の成績をよくする方が大事で、高校の成績が日本の大学入試などでも評価の一つになりますし、SATやACTなどのテストの成績やTOEFLやIELTSなどの英語能力テストの点数も選考の一つになることが多いのが一つの理由です。

出願時に求められる必要書類などは大学によってまちまちなので、行きたい大学が決まっているようでしたら、今のうちに準備をすることが大事です。中には日本語のレベルは問わずに受験ができる大学や学部があります。ちなみに、息子が受けた大学は国際教養学部で、書類選考のみ、高校の成績証明書、それをIERFでアメリカの基準に直したもの、IELTSの結果、SATかACTの結果、高校の推薦書、志願理由(設問が2問でそれぞれ英語で400文字)の提出でした。もし、他の学部(経営学部や法学部など)に出願する場合は、日本語検定の結果も求められます。

ここ数年、授業を英語のみで行う大学が増えてきており、早稲田大学慶應義塾大学では英語による学位取得のような取り組みがあり、その他の大学でも同じようなシステムがあるので、調べてみる価値があります。ちなみに英語のみで授業をしている大学の参考ページ

ここまでで見てみると、日本語力はそこそこでも、英語をしっかり学習して、将来日本の大学に進学し、日本の文化も学べるような環境に置くこともバイリンガルに育てる一つの方法になるかもしれません。

大学用語辞典

ACT【エー・シー・ティー】
アメリカのアドミッションテストの1つで、アメリカの非営利団体ACT, Inc.が運営。毎年200万人以上が受験します。日本の大学でも留学生や帰国生の枠を中心にスコアの提示を求める大学が増えています。

AP【エー・ピー】
Advanced Placementの略で、College Boardが高校生に大学レベルのカリキュラムや試験を提供するプログラム。AP履修をすると成績によってはアメリカやヨーロッパの大学の入試で有利になったり、単位認定されたりします。日本でもインターナショナルスクールを中心に採用する高校が増えつつあることもあり、APを学力評価に利用する大学が出てきています。

SAT【エス・エー・ティー】
アメリカのアドミッションテストの1つで、非営利団体College Boardが運営。毎年170万人以上が受験します。日本の大学でも留学生や帰国生の枠を中心にスコアの提示を求める大学が増えています。

国際バカロレア【こくさいばかろれあ】
国際バカロレア機構が提供する教育プログラムで、世界各国にある認定校で資格取得ができます。世界125カ国以上の大学が入学資格として「国際バカロレア・ディプロマプログラム」の資格を認めており、日本の大学でも出願資格の1つとして急速に採択する大学が増えてきています。略してIB。

GPA【ジー・ピー・エー】
Grade Point Averageの略。アメリカの高校や大学で一般的に使われる成績評価値で、留学生や帰国生受験において提示を求める日本の大学も多くあります。「各科目の(単位数×獲得ポイント)の合計÷総単位数(履修登録単位の総数)」で算出します。

スーパーグローバル大学【すーぱーぐろーばるだいがく】
徹底した大学改革によって、グローバル人材育成のための体制強化や国際化を押し進める大学を文部科学省が選定。世界大学ランキングトップ100を目指す世界レベルの教育研究を行う大学(タイプAトップ型)に13校、日本社会のグローバル化を牽引する大学(タイプBグローバル化牽引型)に24校が選ばれています。

大学入学共通テスト【だいがくにゅうがくきょうつうてすと】
2020年度(2021年1月)から、センター試験に代わり実施されるテスト。センター試験からの大きな変更点に、国語と数学で記述式問題の導入(24年以降は社会や理科分野にも拡大を検討中)と、英語4技能(読む・聞く・話す・書く)評価の導入が挙げられます。

貸与型奨学金【たいよがたしょうがくきん】
奨学金の中でも、修業後に返済が必要なタイプのこと。日本の奨学金の多くは貸与型で、その中でも無利息と利息付きのものがあります。日本国内において、奨学金の受給率は2011年から減少傾向にあり、特に貸与型が敬遠される傾向※にあります。⇔反対語:給付型奨学金

(※2019年2月25日 全国大学生活協同組合連合会「第54回学生生活実態調査の概要報告」より)

コメント

タイトルとURLをコピーしました