2020年から小学校の英語授業必修科 本格スタート!

英語学習

皆様も新聞やニュースで一度は聞いた事があるかもしれませんが、2020年から本格的に小学校で英語教育が始まります。

今回はこの英語教育にフォーカスしていきたいと思います。

これからの英語教育は小学校では3年生、4年生は「外国語活動」という体験型の英語学習が年間35コマ設定されます。5年生からは教科として扱われるようになって成績が付けれるようになります。参考までに2021年度から、中学校の英語授業はオールイングリッシュで行われます。
より対話的なコミュニケーションを重視し、その手段となる「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的に学んでいくことを目指しています。

私が勤務していた小学校ではすでに小学1年生からジョリーフォニックスを使った授業が行われていました。教え方が独特でABCから教えるのではなくSから始まり、発音と動作を使った興味深い内容です。子どもたちも動作が入ってくるので楽しそうに学習していました。

さて、ここで、いろいろ不安になることも多く出てくると思います。

どんな授業になるのか?教科書はどうなるのか?成績ってどうつけられるの?英語が逆に嫌いにならない?などなど。

そういった事が教師の中でも議論されていますので小学校英語教育の必須にした理由・課題・小学校の英語教育で重視される内容などを取り上げて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ今回小学校から英語が導入されるようになったのか。

なぜ今回小学校から英語が導入されるようになったのか。その経緯は現在の社会情勢の起因します。急速なグローバル化に伴って、外国語によるコミュニケーションが様々な場面で必要とされる事が多くなったためです。そこで、フォーカスされたのが、早いうちから英語に親しむ事が大事だということになりました。中学校から英語が始まっていた従来のやり方では、発音や聞き取りが日本人の発音になってしまうという事が日本人の英語が伝わりにくい、または英語が聞き取れない原因の一つでもありました。RとLの発音の違いやThの発音の仕方など、早い段階で聴き慣れておくのはいい事だと思います。

スタートはいつから?

英語教育は2020年4月から全国の小学校で実施されました。すでに2018年から準備期間として取り入れられており、私が勤務していた小学校のように1年生から取り組んでいる学校もあります。

小学校からの英語教育の目的

3、4年生は「外国語活動」の目標は「きく」「話す(コミュニケーション)」「話す(発表)」の3つです。主にコミュニケーション能力の基礎を学びます。

5、6年生の「外国語」の目標は3、4年生で学んだことに加え、「読むこと」「書くこと」を教科として学びます。読み書きを加えたコミュニケーション能力を育成する事が目的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました