オンライン授業おすすめグッズ

オンライン授業

GIGAスクール構造がこれからの日本の教育に大きく関わってきます。特に5Gさらには6Gの時代に突入すればオンライン授業は当たり前の学習スタイルになっていく可能性があります。日本国内の大学にもすでに取り入れているところもあります。

そのオンライン授業を効率的に進めていくためのあると便利なものをご紹介していきます。注:ここに挙げたもの以外にも各自で使いやすいものがあればそれを使いましょう。

まずはじめにオンラインで使える無料のコミュニケーションツールのご紹介です。

選ぶときに「参加者の登録が必要かどうか」というのが大事なポイントになるのではないでしょうか。コンピューターに詳しい人ならまだしも、あまりよくわからないという方もいるかと思います。その中でZoomやWherebyなどはホスト(主催者 教師など)が作成したURLのリンクから登録なしで参加することができます。

NPO法人eboard
2020/04/08 17:21

Zoom(ズーム): パソコンやスマホを使ってMeetingなどにオンラインで参加できるアプリです。アプリをインストールすることで利用することができます。無料のアカウントでは3人以上でのWEB会議は40分間という時間制限があります。グループミーティングやWEBセミナーなどによく使われます。私が使った時は30名ほどの参加者が同時に参加していました。有料プランもあります。

Whereby(ウェアバイ):URLを発行するだけで利用できるWEB会議サービスです。無料プランは参加者4人が上限になります。これもURLにアクセスするだけで参加できるので参加者がユーザー登録することはありません。

Skype(スカイプ):チャットや音声通話、ビデオ通話を無料で行えるWEBツールです。「会議」機能も付いておりURLを作成することで、未登録のゲストを招待することができSkypeアプリからユーザー登録不要で参加することもできます。

Microsoft Teams(チームス):Microsoftアカウントを持っている人同士でチャットやビデオ会議ができます。同じ画面上でWordやExcel,Power PointなどのOfficeアプリを使って共同で作業ができます。Office365が導入されている場合、すぐに利用ができます。300人まで参加可能なのでライブ配信にも使えます。

Google Hangout(ハングアウト):利用するにはGoogleアカウントが必要です。アカウントを持っていれば誰でも利用でき、テキストチャットのほか、最大10人でのビデオチャットをすることができます。学校向けに無料で提供されているG Suite for Educationで、Googleアカウントの取得できます。

Google for Education 遠隔学習支援 プログラム

Google Meet の高度な機能を、G Suite をご利用中のすべてのお客様に 2020 年 9月 30 日まで提供 

コメント

  1. Very nice post. I simply stumbled upon your weblog and wished to mention that I have really enjoyed browsing your blog posts.

    After all I will be subscribing on your feed and I am hoping you write again soon!

タイトルとURLをコピーしました